有線LANと無線LANの違いについて

wimax基本

そもそも「LAN」とは何を指すのでしょうか。「ローカルエリアネットワーク」という言葉の枕をとって、LANと呼んでいます。この言葉の対となるのが「WAN」(ワイドエリアネットワーク)です。

要するにインターネットというオープンネットワークではなく、ローカルエリア(企業や学校)に閉じられたネットワークだということを理解しておけば問題ないと思います。

もちろん、いったん閉じられたネットワークといえども、構内から一定のルートを通じてインターネットにも通じることになっています。ここまでがLANの説明になります。

 

では有線LANと無線LANの違いです。有線LANは字の通り、「LANケーブル」と呼ばれるケーブルでネットワークにつながっています。このLANケーブルにもいくつか種類があり、大きなデータを送ることが出来るものなども分類されています。これより細かい説明は割愛します。

次に無線LANです。こちらも読んで字のごとく、LANが無線でつながっています。こちらも無線の規格がいくつかありますので、ネットワークにつなぐための経由装置であるルーターにも種類があります。

もちろん、レイアウトなどを考えると無線LANのほうが便利なのですがセキュリティ面では情報の読み取りなどのリスクがあるためセキュリティ対策は必須です。