WiMAXでもメールアドレスの提供はありますか?

WiMAX契約をするとメールアドレスが取得できたりするのでしょうか。普通はauやdocomoなどのキャリアと契約をするとezweb.ne.jpやdomomo.ne.jpなどのメールアドレスがもらえたりするのですが、WiMAXでもこういったサービスがあればうれしいのですが…。

WiMAXではメールアドレスの取得が可能!

結論から言うとWiMAXを契約するとアドレスが取得できる場合があります。

具体的には

・So-net

・nifty

・BIGLOBE

・GBMとくとくBB

・Broad WiMAX

と契約をすれば「プロバイダメール」を取得することができるみたいです。WiMAXの最大手といえば「UQ WiMAX」なのですが、こちらでは残念ながらメールアドレスを取得することができないので注意が必要です。

 

プロバイダメールとは

プロバイダメールというと、昔からネットになじみのある人には懐かしい響きかもしれませんね。

プロバイダ(インターネットに接続できる回線を提供している事業者)と契約をすることによって取得できるアドレスのことをいいます。

「@ocn.ne.jp」のアドレスなどが有名ですね。

ひと昔前まではよく使われていましたが、最近はフリーで取得できるGmailやYahooメール(いわゆる『フリーメール』)がよく使われているのであまり利用することもなくなりました。

 

主流ではなくなりましたが、やっぱりプロバイダメールはあると便利です。

 

プロバイダメールのメリット・デメリット

さて上記の5つの企業とWiMAXの契約をすることでアドレスを取得することができるわけですが、この「プロバイダメール」はフリーメールなんかと比べると信頼性が高いです。

ウイルス対策やセキュリティー対策がしっかりしているので非常に使い勝手が良かったりします。

フリーメールのアドレスは自由に取得できて非常に便利なのですが、その分不正な利用も多いので信頼性が低いですね。

実際アドレス登録が必要なサービスの中には、フリーメールのアドレスでは登録できないものがあることも。

とはいえプロバイダメールも万能ではありません。

フリーメールと違って取得できるアドレスは原則1つだけ。

またキャリアのメールと違ってアドレス変更にお金がかかることもあるので注意してください。

 

プロバイダメールはどうやって使うの?

プロバイダメールの送受信は、Windowsに標準搭載されているメールソフトで行うことができます。

一昔前なら「Outlook Express」がおなじみでしたね。

これがWindows7や8なら「Windows Liveメール」、10ならスタートメニューにある「メール」のアプリから登録をすればOKです。

最近ではスマホの各種メールアプリなんかでも、送受信が可能になっているみたいですね。