WiMAX2+の契約を考えているあなたにオススメなプロバイダやルーターを紹介!月額料金やキャッシュバック、オプションなどの情報を初めての方にもわかりやすく説明します。WiMAXを契約する際の参考にしてみてください。

1分で分かるWiMAX2+【初めてでもすぐ分かるワイマックス情報サイト】

WiMAXを使うとき、端末以外に必要なものはありますか?

更新日:

wimax基本

WiMAXを使うとき、端末のほかに必要となるものはあるのでしょうか。

基本的に、WiMAXの端末と通信をつなぐ対象のデバイス(コンピュータやタブレット、ゲーム機など)があればWiMAXを利用する環境はおおよそ満たされます。

ただし、この構成でWiMAXを使うと、短時間しか端末の電源が持たないというデメリットがあります。
USBタイプの端末であればまだしも、ルータ型と呼ばれるWiMAX端末はデバイスの同時接続ができる分、バッテリーの消耗も早いものが多いのです。

 

ひとつのデバイスを使うために起動していても4時間程度なので、一日中ネットにつないでいたい人には物足りない環境になってしまいます。

長時間利用する目的でWiMAXを契約するのであれば、内蔵バッテリーだけに頼らず、外付けのモバイルバッテリーや専用のクレードルを用意した方がいいでしょう。

中でもクレードルは、充電以外の機能も充実しているため、自宅や事務所の中でWiMAXを使う人には必須のアイテムといえます。

 

たとえば、クレードルには有線LANの接続端子が備わっているため、無線通信ではアクセスできないデバイスをクレードル経由で利用できるようになります。

少し古めのプリンターやテレビなど、無線接続に対応していないデバイスをつなげるようになるため、より便利にWiMAX環境を楽しむことができます。

 

屋内環境では、立地条件や建物の構造によって、WiMAXがつながりづらいといった問題も起こります。

→マンション・アパート・戸建でWiMAX2+はつながる?

 

こうした場合に役立つのが受信能力を補助する外部アンテナです。
無線LAN用の屋外用アンテナなどが外部アンテナとして代用できるほか、利用者によっては自作したアンテナを使って受信感度の改善を図っている人もいるようです。

 

このように、WiMAX端末だけでなく、周辺機器を揃えた方がより快適に使える場合が多く、最低限の構成で済ませるのは勿体ないと言えるでしょう。

アンテナのように大げさな設備は要らないとしても、モバイルバッテリーは普段でも必要になる場面があるかと思います。

 

WiMAXを導入する際でも、すでに導入している場合でも、こうしたアイテムの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

当サイト一押しプロバイダはコレ!!

[colored_box color="green" corner="r"] [check_list image="check1-b"]
  • キャッシュバック金額が魅力的!
  • 月額料金が安い!
  • 利用者が多い!
  • 満足度が高い!
[/check_list] [/colored_box]

-WiMAXのよくある質問
-,

Copyright© 1分で分かるWiMAX2+【初めてでもすぐ分かるワイマックス情報サイト】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.