wimax2+のセキュリティは?他人に使われる心配はない?

wimax基本

WiMAXを利用してインターネットに接続する場合、無線で情報をやりとりしますのでセキュリティは大丈夫かと心配になる方がいらっしゃると思います。

WiMAXは使用するためのIDとパスワード、そしてAESという暗号化技術を利用していますので使用中に電波を他人に使われてしまったり、情報を抜き取られる心配は極めて低くなっています。

 

まずWiMAXでインターネットを利用する際には契約時に購入するルーターと端末を無線LANで接続しますが、その際ルーターに設定されているSSIDとパスワードが一致しなければインターネットに接続することができません。

つまり第三者がWiMAX利用可能エリアにいてもSSIDとパスワードを知らなければ、インターネットには接続できないので誰かに勝手に自分で契約した電波を使われるという事はありません。

通常このルーターのSSIDとパスワードはルーター本体に記載されています。もしルーターを紛失してしまったりすると第三者に勝手にネット接続をされてしまう危険性が高まりますのですぐに連絡して回線を止めてもらいましょう。

 

また、WiMAXでインターネットに接続し通信している情報はAESという技術によって暗号化した状態でやり取りされているので仮に情報を抜き取られてしまっても解読することはできません。

このAESという技術は依然用いられていたWEPとTKIPという暗号化技術の脆弱性を修正した強力な技術で現存のコンピュータではそう簡単に解読されることはないとされています。

SSIDとパスワードによる認証に加えて情報の暗号化という二段構えのセキュリティによってWiMAXは安心して使うことが出来ます。

 

更に不安を感じる人はセキュリティソフトをインストールしておくことでウイルス感染や、パスワードの漏えいを防ぐことができますので安全性をより高める事ができます。

無線LANというとどうしても誰にでも覗かれてしまう危険な通信というイメージがありましたが現在は有線と同じく安全に使用できる接続方法となっています。