WiMAXはWi-Fiではないのですか?違いはなんですか?

Wi-FiとWiMAXの違いってご存知ですか?

どちらもパソコンやスマホをインターネットにつなぐという役割は同じなのですが、その違いは何かといわれてもいまいちわかりませんよね。

そこで今回はWi-FiとWiMAXの仕組みから、その違いについて説明していきましょう。

従来の固定回線を使った通信の仕組み

まずは従来の接続方法から確認しておきましょう。

パソコンをインターネットに接続するためには、ネット回線が必要ですよね。

プロバイダと契約して自宅に固定回線を引いて、そしてモデムとパソコンをLANケーブルでつなぐことでインターネットへ接続することが可能となります。

このように従来はケーブルを使った有線方式が主流。しかしWi-FiやWiMAXを使えば、無線でパソコンやスマホ、ゲーム機までインターネットに接続することができます。

Wi-Fi通信の仕組み

ではWi-Fiの仕組みを説明していきましょう。

家でWi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターが必要ですよね。

しかしルーター単体ではパソコンやスマホをネットにつなぐことはできません。従来のネット回線と同じようにLANケーブルを使ってモデムに接続し、初めてその効果を発揮します。

この時モデムに接続されたルーターがどのような働きをするのかというと、まず回線からの信号を無線でネット接続が可能な電波へと変換させます。

そしてその電波をパソコンやスマホが受信することでネット接続が可能となるわけです。

これがWi-Fi通信の仕組みです。

結局のところルーターはモデムとパソコン・スマホを仲介しているだけ、いわば中継機・変換機というわけですね。

使っている回線は従来のインターネット回線と変わりません。

これは外でWi-Fiを利用するときも同様で、Wi-Fiスポットやスマホのテザリングでも、プロバイダやキャリアの回線からの信号を変換して、無線で電子機器がネットに接続できるようにしています。

そのため何らかの理由で回線に障害が発生すればWi-Fi通信にも影響が出ますし、通信料金は元のプロバイダとの契約に依存します。

WiMAXの仕組み

ではWiMAXの方はどうなのでしょうか。

WiMAXの売りの1つに、固定回線が必要ないというものがありましたよね。

それもそのはずで、実はUQ WiMAXでおなじみのUQコミュニケーションズが、インターネット回線とは別の、WiMAX専用の回線を持っているからなのです。

(WiMAXはいろいろなところで契約ができますが、どのプロバイダで契約しても回線はUQコミュニケーションのものを使います)

その電波をルーターが受信し無線の電波に変換することで、パソコンやスマホがネットに接続できるようになるわけですね。

中継器・変換機という意味ではWi-Fiルーターと同じですが、やっぱり専用の回線を持っているというのは大きなメリットがあります。

インターネット回線が込み合ってもWiMAXには何の影響もありませんし、何より固定回線を引く必要がありませんので、契約をすればすぐに利用することが可能です(固定回線は申し込んだ際に工事期間などが発生する場合がある)。

ただWiMAXの電波が届かないところではどうあがいても通信ができないというデメリットもあります。

現状WiMAX回線の人口カバー率は94%を超えているということですが、どうしてもつながりにくい場所があるというのも事実です。

といった感じでWi-Fiは元のプロバイダの回線を使っていて、WiMAXは専用の回線を使っているというのが2つの違いとなります。

どちらがより優れているということはありませんが、1人暮らしだったり引っ越しや出張が多いという方には固定回線が必要のないWiMAXがおすすめですね。