帯域制限とは?

wimax基本

帯域制限とは、スマートフォン等の携帯電話やWiMAXなどのモバイルWi-Fi端末でデータ通信を行った際に、1か月の中で決められた通信量をオーバーした場合にかけられる制限です。この制限を受けると通信速度が大幅に低下するなどし通信に制限がかかってしまいます。

通信制限はドコモやau、ソフトバンクといった3大キャリアをはじめ、格安スマホと呼ばれるMVNOサービスやWiMAX、モバイルWi-Fiでも広く取り入れられています。

基本プラン等の契約内容によって帯域制限がかかるまでに使用できるデータ量は異なりますが、一般的には1か月で3GB~7GBの通信量をオーバーすると帯域制限がかかるケースが多くなっています。

会社によっては、追加料金を支払うことやWiMAXギガ放題のような料金プランを選択することによって帯域制限を解除することも可能です。

スマートフォンの普及によって動画サービスなど大容量の通信を行う人が増えましたが、通信サービスは契約者全員が共有しているものであり、会社が提供できるデータ量には限りがあります。

特定の人物が通信量を使いすぎることによって契約者全体に悪影響が及ばないようにこのような制限が設けられています。