MVNOってなに?

wimax基本

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)という言葉の略です。

docomo・au・softbankといった携帯電話会社(キャリア)の場合は無線通信インフラ(スマホに電波を飛ばす基盤のこと)を持っていますが、MVNOはそういった無線通信インフラを他の携帯会社から借り受けてサービスを提供しています。

WiMAXの場合は本家のUQ WiMAXはインターネット回線を保有していますが、他のプロバイダであるSo-netBIGLOBEなどはインターネット回線を持っていないため、UQ WiMAXの回線を借りて運営しています。

現在では様々なスマホの格安サービスが登場していますが、そのほとんどがMVNOとしてサービスを行っています。

これはMVNOの大きな特徴の一つで他社からインターネット回線、無線通信インフラを借りている分、経営にかかるコストが安くなるためです。

一見、無線通信インフラを借りてる分経営に関するコストは高くなりそうですが、利用者の数に応じて、必要なインフラの数を調整出来るため結果としてコストを抑えることが出来ます。

そのため、MVNOは利用者へのプランが豊富なので利用者は自分の目的に合った細かいプランを設定することができるため、事業者、利用者共にメリットがあるサービスとなっています。

WiMAX契約時に高額な現金キャッシュバックやタブレットプレゼントキャンペーンなどを行えるのもMVNOのだからこそです。

→どうして高額なキャッシュバックが可能なのですか?