プロバイダってなに?

wimax基本

プロバイダとは、一言で言うと「インターネット接続会社」です。ワイマックスであれば本家UQ WiMAXやGMOSo-netなどが有名なプロバイダです。

インターネットを使うには、3つ用意しないといけないものがあります。

「端末」と「IPアドレス」と「接続回線」です。

端末は、パソコンやスマートフォンなど、インターネットを閲覧するための機械です。

IPアドレスは、インターネット世界に入る際に必要になる入場チケットのようなものです。各端末に固有のIPアドレスが必要で、IPアドレスを持っていないと、インターネットをすることはできません。

接続回線は、端末とインターネットを物理的につなぐ役目をしています。道路をイメージすると分かりやすいでしょう。

端末があり、IPアドレスを持っていても、回線がなくてはインターネットに接続することができません。

プロバイダは、二つ目のIPアドレスに関係する会社です。

インターネットを利用するためにはIPアドレスが必要になりますが、IPアドレスは一元管理されていて、誰でも発行できるものではありません。なので特定のプロバイダ会社と契約し、IPアドレスを発行してもらう必要があります。

WiMAXも端末を持っているだけではインターネットを使うことができず、どこかのプロバイダと契約することで利用できるようになります。