WPAとは?セキュリティ?

wimax基本

WPAとはWi-Fi Protected Accessの略で、インターネットに接続する際に使われる無線LANの暗号化方式です。インターネット接続時、端末から発信される情報が他者によって解読されるのを防ぐための防衛対策です。

こういった対策がないと、個人の重要な情報等が漏えいして大きな損害を招いたり場合によっては犯罪に巻き込まれる可能性も考えられます。

実際、他人のWi-Fiを使って詐欺やネットバンキングの不正送金などで摘発されたケースもあり、こういったいわゆる無線LANのただ乗りをされ犯罪に巻き込まれることもあるわけです。

ですから最近こういった無線LANのセキュリティー能力の高い暗号化方式が重要視されています。

以前は別方式(WEP)が使われていたのですが、暗号化するための方法がやや簡単なため比較的簡単に情報が読み取れてしまうという欠点があったためその欠点を補い強度の高いセキュリティーにした新方式であるWPAを取り入れました。

WPAは通信中に暗号キーを自動的に変更するのでWEPに比べて解読が難しいためセキュリティー強度が高くなっています。

最近ではさらに複雑な暗号方式をとりいれたWPA2などが主流になりつつあります。

昨今ではWEP方式のセキュリティーの能力が低いため、WPAもしくはWPA2を使用することを勧められています。