WiMAXの申し込みにクレジットのような審査はありますか?

wimax基本

あります。
ですがよっぽどのことがない限り審査で落ちることはほぼないと言えるでしょう。

 

クレジットカード払いで申し込みの場合

クレジットの審査に通っている=社会的信用があるということになるのでほぼ100%でWiMAXの審査も通過できます。

多くのクレジットカードの審査はとても厳しい審査となります。問題がある人であればまずカードの審査の時点で落とされてしまうので、クレジットカードを持っている人=社会的に信用できる人という式が成り立ちます。

 

口座振替の場合

クレジットの申し込みの時よりは詳しい審査がされますが、この場合でもよほどのことがない限り落とされることはないでしょう。普通の日常生活を送っていればなんの問題もありません。

 

クレジットカードでブラックリストに乗ってしまっている場合

クレジットカードを止められてしまっているためクレジット払いでの申し込みはできませんね。もちろんWiMAXのために新規でカードを作ることもできません。

ブラックリストの場合は口座振替での申し込みになります。口座振替だとクレジット払いに比べて詳しく調査がされますので信用情報に傷がついていることも発覚してしまう可能性があります。

しかし、よほどな滞納などをしていない限り、口座振替であれば審査に通るでしょう。ブラックリストに載っている人でワイマックスを契約している人の数が少ないので確実なことは言えませんが絶対に落ちるということはないでしょう。

 

電話代やワイマックスで滞納したことがある場合

審査に通るのは結構厳しいかもしれません。
プロバイダ間や通信会社の間で共有するブラックリストのようなものが存在します。ネットでの滞納や携帯料金の滞納などがある場合このブラックリストに載ってしまします。

このような情報がバレてしまうと審査に通るのは難しいですね。
審査に通らなかった且つこのようなことに心当たりがある場合WiMAXの契約は諦めるべきでしょう。

 

WiMAXの審査で見られるであろうポイント

・携帯代金の滞納・未納
・公共料金の滞納・未納
・インターネット料金の滞納・未納
・銀行口座が使用できるか
・個人情報に真偽

これらが主に見られるであろう審査ポイントです。
ほとんどの人は問題ないはずです。

 

まとめ

滞納などの社会的信頼を失う行為をしていない限り審査で落ちることは99.9%ないでしょう。もしブラックリストに載っているかもという場合でも申し込んでみたら通る可能性があります。申し込まなければ通る可能性は0%のままですよね?

WiMAXを利用しようと思うのであればまずは申し込んでみましょう。